Category Archives: 今日の一枚

関東大学リーグ

江戸川区陸上競技場に伺いました。
大91回関東大学サッカーリーグ、19節です。
国士館大学と中央大学の試合は、小雨模様の肌寒い条件でさしたが、気温が低く選手にとっては最高のコンディションになったと感じます。
スピード、運動量、共に高い質となりました。
多くの関係者、OBの方々が駆けつけて賑やかなスタントとなりました。
大学リーグもいよいよ大詰めです。
どんなドラマが展開されるのか楽しみです。

マイアミの笛

静岡県エコパスタジアムで15歳以下の国際大会、静岡ゴールデンアカデミー2017が開催されました。
今回はメキシコ、コスタリカ、清水エスパルス、静岡選抜の4チームのリーグ戦で行われました。
合わせて指導者研修、審判研修も開催され、ワールドカップや世界クラブ選手権などで数多くのビッグマッチね笛を担当してきた、ベニート・アルチュンディアさんに、試合の笛と研修を実施していただきました。
アルチュンディアさんは96アトランタ五輪、マイアミの奇跡と言われたブラジル戦の主審、準優勝した2001コンフェデレーションカップ準決勝、オーストラリア戦の主審です。
私と歴史的な瞬間を共有してきた仲間でもあります。
写真は大会アンバサダーのヘスス・ラミレスさん、右手とアルチュンディアさんとの一枚です。

沼津イベント

J3アスルクラロの試合です。
YS横浜戦です。
沼津市マッチに市長の大沼さんも駆けつけて盛り上げていただきました。
優勝争いはいよいよ終盤戦です。
ゴール裏の大フラッグのお披露目もあり多くのサポーターがスタジアムに足を運んでくれました。
フラッグにはご支援いただいた1人1人の名前が入っています。
このフラッグの価値をこれから高めていきましょう。

U17ワールドカップへ

U17ワールドカップがインドで始まります。
事前国内キャンプを静岡県内にて実施。
8日の初戦ホンジュラス戦から月末の決勝まで長い戦いとなります。
彼らの成長を願わずにはいられません。
森山監督はじめスタッフ、選手の雰囲気は最高です。
歴史的な活躍を楽しみにしています。
未来の宝のプレーをお見逃しのないように!
TVで放送予定です。

ACL準々決勝

ACL準々決勝、浦和vs川崎の試合です。
川崎が第1戦で勝利し、アドバンテージがある中での埼玉スタジアムは熱い試合となりました。
チームというのは個人よりもチームが目立つときに本当に強いと呼べる。
アジアの頂点を目指す両チームが素晴らしいクラブであることを証明した。
最も重要なのは、選手個人でも監督でもなく、クラブであることを知る大切さを感じさせてくれました。
どんな監督でも、解任されることへの準備は必要で、しかし、それに対する恐れがあっては良い仕事はできない世界。
チームとしてのバランスを保つためには、2年目がカギを握ると言われる。
両監督の成長を見守りたいと思う素晴らしい試合となりました。

Jグリーン堺

U18キャンプです。
次のU20ワールドカップを目指すチームがJグリーン堺で合宿を行いました。
大学の総理大臣杯などもあり、多くのサッカー関係者が訪れてくれました、影山監督率いるこのチームは10月下旬から11月にかけてモンゴルでの一次予選に臨みます。
天候にも恵まれて充実した時間となったようです。
彼らの成長を楽しみに見守りたいと思います。
このJグリーン堺には、毎日多くの子どもたちが訪れ、活気がありました。
健康的な生活で英気を養うことができました。

6大会連続ワールドカップへ!

2018FIFAワールドカップロシア大会、出場が決まりました。
日本がホーム最終戦でオーストラリアに勝利し、アジア最終予選グループBの首位突破です。日本選手の底力、層の厚さを感じる試合となりました。
サポーターの大声援が絶対の後押しになる、そんな雰囲気の中で先制ゴールがうまれました。
結束力が組織の力を何倍にもする!
サッカーファミリーの一体感を感じる歴史的、勝利です。
丸いボールは思いのある方に転がるもの。
写真は試合前の一枚です。

帯広

帯広に伺いました。
U15クラブユース大会です。
40分ハーフのゲームは選手の実力がよく見えます。
涼しい気候があるから、ハードなゲームができます。
試合ごとに成長する姿が、我々をワクワクさせてくれる大会です。
リーグ戦ではサブの選手の役割も大切になります。
サブの選手の姿勢にチームの結束力、一体感を見ることができます。
保護者の皆さんにとっても、思い出の夏になるのだと感じます。

川崎劇場

川崎等々力競技場です。
川崎と鹿島の試合を視察しました。
奥深い試合となりました。
プロとアマの差は、言われなくても一瞬にして状況を察知して、自分のするべきことをやってのけられるかどうか。
マニュアルというのは最低限のことしか書いてない。
マニュアルどうりにやれてもプロでは結果は出せない。
頂上決戦から多くのことを学びました。
目標を作ったら必ず期限を設ける。
期限がない目標は単なる願望。
アスルクラロ、10カ年計画もそんな思いで発表させていただきました。

SBSカップ2017

藤枝に伺いました。
SBSカップU18国際ユース大会初日です。
静岡、日本代表、チリ、チェコの4チームのリーグ戦でタイトルを争います。
総当たりリーグ戦、80分ゲーム、PKあり。
歴史は長く40年に渡ります。
静岡新聞、静岡放送のSBSグループを中心とするサポートがこの歴史を築きあげています。
これまでに世界のスーパースターの多くがこの大会に参加しています。
今回は協力関係にある、フランス、ツーロンの大会の会長も訪れていただき、有意義な時間が取れました。
写真は藤枝総合運動公園サッカー場です。