Category Archives: 今日の一枚

東京駅丸の内

進化を続ける東京丸の内。
仕事で丸の内を訪れました。
散策をしてみましたが、東京駅とステーションホテルと広場から皇居につながるスペースが見事な姿を見せてきました。
東京五輪に向けて、またアピールできる存在感ある場所になりそうです。
この事業を手がける皆さんの熱意が伝わってきます。
植栽もこれからの成長が楽しみです。

ドイツ1-0チリ

サンクトペテルブルクの夜です。
コンフェデの決勝はドイツ1-0チリという結果になりました。
成熟のチリが序盤から圧倒しながら、ドイツに最初のチャンスを決められた先制点が大きくのしかかる、決勝らしい試合となりました。
ワールドカップに向けてドイツの若者が一試合一試合成長する姿が眩しく映りました。
写真はクロージングセレモニーの一枚です。

サンクトペテルブルク

コンフェデの決勝の舞台です。
ドイツとチリの決勝を前に両チームの会見がありスタジアムに伺いました。
レーブ監督の会見からは、競争と成長を計画的に進める姿勢を感じました。
チリ、ビダル選手は南米王者のプライドと覚悟が伝わってきました。
楽しみです。
ソチからサンクトペテルブルクまで、2000kmの北上は気候も大きく変わりました。
Tシャツからダウンコートへと冬の防寒体制です。
スタジアム内は可動式の屋根があり、素晴らしい施設です。
チリ史上最強チームとなる新たな歴史か、2004年からチームにかかわり続けるレーブ監督の育成、成長の勝利か。
写真はサンクトペテルブルクの決勝の舞台で、ゼニトのホームでもあります。

Sochi

ロシア有数のリゾート地、ソチです。
モスクワから南へ1700km、黒海に面した冬季オリンピックの開会式、閉会式の会場が写真の一枚です。
このスタジアムがコンフェデのドイツメキシコの準決勝会場です。
今は、47000人収容の立派な専用スタジアムです。
ロシア中から観光客が殺到するこの時期は賑わっています。
5月〜10月が海水浴シーズンだそうです。
ビーチもホテルのプールも子供や若者で華やかで、モスクワとは違う国といった印象です。

ビデオレフリー

モスクワです。
チリvsオーストラリアの試合を視察しました。
決勝トーナメントをかけて激しく、オーストラリアが仕掛ける前半から、後半のチリの巻き返しと見ごたえのある試合でした。
ゲームの激しさ、スピード感があるなか、ビデオ判定がトーンを下げることが気になりました。
場内には、写真のよう表示か出るケースとそうではないケースがありました。
得点、退場、などシビアなケースが対象なだけにスタジアム内の感情をどう満足させるか、進化に期待します。

ロシア

コンフェデレーションズ、カップ、ロシア2017。
多くの日本人にとってロシアは遠い存在だったと思います。
ソ連崩壊から四半世紀、ロシアはどう変わったのか楽しみです。
数年前までモスクワは滞在費が世界で最も高い町の一つといわれていたそうです。
今は、ルーブル安の影響で以前に比べると、宿泊料金は断然安く感じられるようになっています。
写真右の塔のあるホテルは、スターリン・クラシックで知られるかつての「ウクライナ」ホテルを改修してオープンしたラディソン・ロイヤルホテル、です。
歴史的建築の価値は高く、当時の豪華さをよみがらせています。
歴史を心から感じられる、コンフェデレーションズ杯となりそうです。

逆転優勝

U16ドリームカップ仙台。
ユアテックスタジアムです。
最終日、3チーム、ギニア、オランダ、日本に優勝の可能性がある大混戦の展開となりました。
オランダの勝利で、ギニアに5点を取る勝利が求められた日本代表が、最後の最後に決勝ゴールを挙げて優勝しました。
アディショナルタイムも残り10秒での劇的優勝となりました。高い壁が選手を成長させています。
諦めることなく勇敢にチャレンジした選手の成長が見えました。
選手の心に火をつけて挑戦させたコーチングスタッフも大きな拍手を送ります。
写真は日本代表とギニア代表の一枚です。

逆転優勝

U16ドリームカップ仙台。
ユアテックスタジアムです。
最終日、3チーム、ギニア、オランダ、日本に優勝の可能性がある大混戦の展開となりました。
オランダの勝利で、ギニアに5点を取る勝利が求められた日本代表が、最後の最後に決勝ゴールを挙げて優勝しました。
アディショナルタイムも残り10秒での劇的優勝となりました。
高い壁が選手を成長させています。
諦めることなく勇敢にチャレンジした選手の成長が見えました。
選手の心に火をつけて挑戦させたコーチングスタッフも大きな拍手を送ります。
写真は日本代表とギニア代表の一枚です。

U16日本vsUSA

U16ドリームカップ仙台。
ベガルタ仙台のホーム、ユアテックスタジアムで開催されています。
写真は日本vsUSAの試合です。
この試合には平日にもかかわらず3000人を超える入場者となりました。
観衆の後押しもあり、ハイレベルなプレーが見られ、選手の成長も感じられる、充実感漂う雰囲気がありました。
彼らの未来が楽しみです。

U16ドリームカップ仙台

2017インターナショナルドリームカップU16。
仙台市で開催されます。
14日、オランダ。16日、アメリカ。
18日、ギニアと対戦します。
インターナショナルなハイレベルの大会です。
それぞれ特徴のある大陸代表が参加しています。
16歳以下の選手たちの世界基準が仙台のピッチで見ることができます。
写真は宮城スタジアムでのトレーニングの様子です。