Category Archives: 今日の一枚

市川大祐

愛鷹運動公園競技場でのJFL、アスルクラロ沼津とヴァンラーレ八戸の試合に伺いました。
市川大祐選手が引退を発表した後のゲームとなり、清水エスパルス時代のサポーターも、たくさん詰めかけていただきました。
メディアの皆さんも多数、取材に来られて、賑やかなメディアルームとなりました。
2002年ワールドカップの長居スタジアムでの彼のアシストは、今でも記憶しています。
素晴らしい記念になる、再会となりました。
写真は試合の様子です。

韓国ナショナルトレーニングセンター

韓国、パジュのナショナルトレーニングセンターに伺いました。
U14エリートプログラムの活動です。
韓国と日本の交流試合がトレーニングセンター内の施設で行われました。
次の2019年U17のワールドカップの、母体となる選手達の熱い、交流は楽しくなります。
次の世界への準備もスタートしています。
夜には、キム・ホゴン副会長と会食して楽しい時間となりました。
写真はアップの様子です。

清水-北九州

日本平スタジアムに伺いました。
J2リーグも終盤を迎えてたいへんな盛り上がりとなっています。
後半戦、22節以降の勝ち点は清水が1位です。
札幌、松本を上回る成績です。
得点は最多、75分以降のゴールも最多、特筆すべきはアディションタイムのゴールの多さです。
前半リードでハーフタイムにはいれば、勝利100%という勢いは本物です。
昇格、残留、ともに熱いJ2です。

指導者養成

S級の指導者養成を視察しました。
人を育てることが未来につながる。
選手を育てるために、いい指導者が必要になる。
次のロシアでは、ブラジルよりも1試合、できれば2試合多く、日本代表のゲームを観たい。
勝利に近道はない、魔法のレシピもない。
10年後、20年後の未来を背負う、指導者の熱さを実感する、時間となりました。

JFL アスル- 武蔵野

J3昇格。
アスル-武蔵野の試合が富士総合競技場で開催されました。
JFLもいよいよ終盤戦です。
Jを目指すチームの対戦に2500人を超えるお客様が集まり、熱い応援で盛り上げていただきました。写真は試合前の両チームの挨拶の様子です。
大混戦の終盤も目が離せない展開です。
厳しい、壁を乗り越える時が一番、成長する時でもあります。

ルヴァンカップ決勝

51248人
素晴らしい決勝となりました。
勇気をもって戦ったG大阪。
浦和にとって大きなタイトルとなりました。
この自信が、今シーズンの次のタイトルにつながっていく予感を漂わせます。
フロントの継続性が安定感を与え、タイトルにたどり着いた。
チームの勝利でもあり、クラブの勝利でもあると感じます。
写真は埼玉スタジアムでの一枚です。

鹿島ハイツ

鹿島ハイツに伺いました。
U17関東トレーニングキャンプの視察です。
関東7県より32名の選手が参加しています。
密度の高いトレーニングが実施され、選手達の成長がわかります。
鹿島アントラーズユースや鹿島学園とのトレーニングマッチも、予定されています。
鹿島ハイツは95年ワールドユースに初めて出場を決めた時代から利用させていただきました。
懐かしい思い出がいくつも詰まっています。
写真はトレーニングの様子です。

スルガカップ、パーティ

スルガカップ、U15のパーティが開催されました。
大会のアンバサダーとして、来日しているメキシコ、ヘスス・ラミレスさん、イタリア、サルバトーレ・スキラッチさん、も参加してくれました。
二人には、指導者講習会も開催していただき、3種の皆さんにも素晴らしい機会となったと思います。
近い将来の各国代表選手が、この大会から育っていくことを期待しています。
写真は夕食パーティの会場です。
国際交流、異文化交流の促進とU15世代の子供たちが夢を持てる、意義ある大会に成長しています。
写真は夕食パーティの会場です。

スキラッチさん

静岡ゴールデン  サッカーアカデミー2016。
スルガカップ国際ユースサッカー大会に伺いました。
U15の大会に、メキシコからパチウカ、イタリアからユベントス、タイからチョンブリ、中国から杭州緑城、が参加していただきました。
静岡は2チーム、が参加して頂点を目指し激しく戦いました。
写真はユベントスの参加に尽力してくれた、スキラッチさんとの一枚です。
磐田時代の選手とコーチという関係性もあり、本当に楽しい会話が続きました。

いわて国体

岩手県盛岡市に伺いました。
第71回国民体育大会、希望郷いわて国体です。
試合の視察と歓迎レセプションに参加いたしました。
メトロポリタンホテルでのレセプションには田嶋会長、はじめ県知事、開催市、各市長さんも出席されて華やかな会となりました。
来年は愛媛県の大会です。
各都道府県代表の皆さんと交流を深めて、サッカーファミリーの力を実感しました。 会場での一枚です。