Category Archives: 今日の一枚

ロシアW杯

埼玉スタジアム2002。
ロシアへの本当の戦いが始まりました。
厳しいスタートとなりましたが、成長するチャンスでもあります。
たくさんのサポーターが、心を込めて応援していただきました。
写真はゴール裏サポーターの一枚です。
サッカーファミリーが結束力を高めて、必ずロシアへの切符をまずは獲得しましょう。
選手には堅守を崩す遊び心をもって、のびのびとプレーしてくれることを期待しています。

讃岐うどん

天皇杯1回戦。
カマタマーレ讃岐とFC今治の試合に伺いました。
丸亀競技場での四国対決は注目の一戦となりました。
香川空港から競技場までの間に、昼食を取ることになり讃岐うどんのお店に入りました。
12時前だというのに行列ができるほどの人気のお店でいただきました。
写真がその一枚です。
讃岐うどん県を感じる旅となりました。

全国中学校サッカー大会

全国中学校サッカー大会の決勝戦の視察に伺いました。
富山県総合運動公園、陸上競技場での試合です。
暑さと連戦のなか最後まで気持ちの入ったパフォーマンスを見せてくれました。
写真は富山駅前の一枚です。
子どもの頃に、富山の薬屋さんと言えば、紙ふうせんをいつも楽しみにしていたことを、思い出します。
この銅像の横に、富山の薬屋さんによって集められた情報や蓄積された資本力が、電力や金融などの近代化につながり郷土の発展に大きく貢献したと記載されていました。
駅前散歩も、楽しい視察になりました。

帯広、日本クラブユース u15

北海道帯広市に伺いました。
第31回日本クラブユースサッカー選手権、U15大会です。
全国各地の厳しい予選を勝ち抜いた、48チームが参加しています。
サッカークラブの普及と発展と、将来の日本サッカー界を担っていく人材の輩出など、この大会の意義は、非常に大きいと感じます。
写真は、ラウンド16の名古屋グランパスと柏レイソルの試合です。
Jリーグクラブ以外にも多くのクラブが16強に入りました。

SBS国際ユース最終日

エコパスタジアムに伺いました。
SBSカップ国際ユース大会。
夕方とナイターの試合で、パフォーマンスも悪くなく、いいコンディションで大会運営がされています。
国際感覚と刺激があり、選手達にはいい経験となっていると感じます。
人材育成こそが未来に繋がる道だと思います。
選手達の成長を楽しめた大会となりました。

菩提寺

お盆のご挨拶に菩提寺に伺いました。
この時期は、お施餓鬼から始まり菩提寺を訪れる機会も多く、ご先祖様を特に意識します。
いい空気を感じて心新たにする場所でもあります。
大会に参加する前は必ず報告と、お参りに訪れて、心を落ち着けていた時代を懐かしく感じます。
季節ごとの、仏教行事が心の成長に影響を与えてきたことは、間違いない事実だと実感しています。

SBSカップ愛鷹総合運動公園

SBSカップ第2日。
静岡県沼津市、愛鷹総合運動公園に伺いました。
静岡とU19日本代表、スロバキアとコスタリカの2試合。
スロバキアの選手には、高さがありゴール前の守備と、高さを活用した攻めは独特のスタイルを持っています。
リーチや高さのなどの違いは、やはり国際大会だから体感できる経験です。
写真はスロバキアとコスタリカの選手です。
190センチ台の選手が数人いるスロバキアが白いユニホームです。

SBSカップユースサッカー

国際ユースサッカー、SBSカップを視察しました。
40年の歴史と伝統のある大会です。
初日は藤枝総合運動公園サッカー場での開催です。
今大会には、静岡県ユース、日本代表、コスタリカ、スロバキアが出場しています。
写真はU19 日本代表とコスタリカ代表の一枚です。
17時20分キックオフで暑さも、過酷さはなくいいコンディションでの試合となりました。
多くの関係者で賑やかなスタンドとなりました。
テレビ中継もされています。

スルガチャンピオンシップ

ナビスコチャンピオンと南米カップチャンピオンの試合です。
鹿島スタジアムに伺いました。
タイトル戦の決勝らしく、厳しいコンタクトとボールへの執念は素晴らしいものでした。
勝利に必要なものを感じさせてくれました。
スルガ銀行の岡野会長はじめ役員の皆さまとも、充実した時間を共有させていただきました。

吹田スタジアム

ガンバ大阪、吹田スタジアムに伺いました。
Jリーグ7節、ガンバ大阪と鳥栖の試合の視察です。
厳しい暑さのなか、アグレッシブな試合となりました。
第2ステージ優勝でCSを狙う、好調の両チームらしい展開になりました。
モノレールの駅からスタジアムまで歩くと、様々なサポーターの様子に、また刺激を受けます。
子ども連れのサポーターも多く、賑やかな雰囲気です。
写真はガンバサポーターの一枚です。