Category Archives: 今日の一枚

アスルクラロ3 節

富士総合運動公園、競技場に伺いました。
JFLの第2ステージです。
アスルクラロとホンダロックの年間で上位争いをするライバル対戦です。
明治安田生命マッチとして開催されたこの試合には2000人を超えるサポーターが応援に駆けつけて盛り上げていただきました。
写真は試合後にサポーターにあいさつをする選手の一枚です。
7月末の中断前までは暑さとの闘いともなりそうです。

総理大臣杯予選

調布の味の素スタジアムに併設されている競技場に伺いました。
隣にはアリーナも建設中で益々楽しみなエリアに変身しそうです。
夏の大学の重要なタイトル総理大臣杯の関東予選の視察です。
8月6日に始まる全国大会も大注目です。
今年も総理大臣の関西での、熱い闘いを楽しみにしています。
写真は30度を超えるなかでの、試合の一枚です。
給水タイムも設けられる暑い視察となりました。

Jタイム1節

Jリーグ第2ステージ開幕。
鹿島の6連勝で盛り上がりを見せた第1ステージから、1週間が経ちました。
早くも第2ステージが始まり、再出発に意欲を見せる各チームが激しいプレーを見せました。
全てナイター開催となり、編集作業は時間との闘いだと思います。
盤石のサポート体制がJタイムの強みだと実感します。
再出発も充実の内容で、佐藤美希さんも出演していただき華やかな第2ステージ開幕となりました。

南アフリカ

松本に伺いました。
U23南アフリカ代表とU23日本代表の試合です。
日本と南アフリカが国際舞台で顔を合わせたのは2000年のシドニーオリンピックでした。
その時は、オリンピック初出場の南アフリカに高原の2ゴールで我々が勝利しました。
リオオリンピックの初戦ナイジェリアに向け、いい準備と調整の試合となりました。
南アフリカはシドニーオリンピック以来となるオリンピック出場に燃えている強豪国です。
写真は日本のサポーターの一枚です。

上諏訪駅

諏訪に伺いました。
諏訪湖近くのホテルでの仕事です。
新宿から特急あずさでの旅となりました。
写真は上諏訪駅内での一枚です。
駅ホームにまで足湯がありました。
さすが温泉地の駅という印象ですが、多くの皆さんが、足湯を楽しんでおられました。
ほんのりする時間が流れていました。

U16ドリームカップ鳥取

U16インターナショナル ドリームカップ2016 JAPANが鳥取ど開催中です。
時代の日本サッカーを担うユース選手が参加しています。
昨年の第一回は、日本がコスタリカ、チリ、フランスを相手に3連勝し、初代チャンピオンに輝きました。
今回対戦するマリは、2015年FIFA  U-17ワールドカップで準優勝、メキシコは4強入りしている強豪国。
ハンガリーは、ユーロで活躍しているA代表に象徴される伝統国。
この日も2000人を超える人がスタジアムでレベルの高いプレーを見守った。
日本の連覇を期待します。
写真は日本とハンガリーの試合での一枚です。

母校サッカー部

ポカリスエットのイベントで母校、日大三島高校に伺いました。
水分補給が大切な時期になってきました。
試合前からの水分補給の重要性など、選手にとてもためになる内容です。
講義とトレーニングで厳しく、楽しい時間を過ごしました。
ピッチも人工芝の最新のもので、恵まれた環境です。
久々に高校時代の思い出にも触れて、心が癒やされます。
写真は部活、終了後の一枚です。

指導の教科書

サッカーは、歴史と世界が証明してきたみんなが大好きなスポーツです。
ルールがとてもシンプルで魅力的だからです。
体育の授業で行う教材としても、これほど確かなものはありません。
小学校体育の全学年に対応する教科書が写真の本です。
サッカー経験のない先生方であっても、魅力的なサッカーの授業ができます。
子どもたちといっしょに先生も成長できる一冊です。
チームでチームにたいしてプレーする、攻守入りまじりプレーする、様々な判断をする、予測、気遣い、味方のサポート、カバー、フェアプレー、リスペクト、技術、戦術、体力、そして心を育てることができる本です。

データコロシアム

次回放送分のデータコロシアムの収録です。
サッカーコーナーはJリーグ得点王、大久保嘉人選手のプレーの特集です。
視野の戦いなど、駆け引きのポイントが盛りだくさんの興味深い内容です。
今回も一橋忠之アナウンサー、パトリック・ハーランさん、小宮山悟さんとの楽しい収録となりました。
いつも一橋さんパトリックさんのサポートでテンポよく仕事ができます。
制作スタッフ、技術スタッフ、美術スタッフの皆さんの準備力には、いつも頭が下がります。
ぜひ見てください。
出演者の皆さんとの一枚です。

JFAアカデミー

JFAアカデミー  U18の試合を視察しました。
静岡県の御殿場、裾野を中心に現在活動しています。
アカデミー福島が静岡での活動を始めて5年となりました。
素晴らしいスタッフのサポートのもと、前向きにチャレンジし成長していく選手の姿が日本の財産だと思います。
アジアの環境、状況も日々進歩、成長しています。
コパアメリカの強かな闘い。
ユーロのラスト5分のドラマの厳しさ。
世界との距離感を意識して、アカデミーの選手が成長していくことを期待しています。