Category Archives: 今日の一枚

ロアッソ熊本

再出発に気持ちあるプレーで答えたロアッソの試合。
俺たちが熊本を引っ張ていくという覚悟が伝わった熱いゲームでした。
勝ちたいと思う強い魂は郷土の皆さんにしっかりと伝わったと思います。
しばらく熊本でのホーム開催はできない。
代替え地でホーム開催する試合にチケットを購入して駆けつけることが直接の支援になります。
アウェーの皆さん。
近隣のサッカーファミリーの底力で満員にしてみせましょう!
郷土の誇り、ロアッソ熊本が復興のシンボルとなるよう応援します。
写真はロアッソ熊本のサポーターです。

Jリーグタイム 12 節

第一ステージの優勝争いも佳境を迎えます。
試練の時でもあります。
しかし、試練はつらいものではありません。
つらいのは途中であって、試練の先にあるのは、大きな達成感や充実感です。
試練こそが大きな喜びになります。
試練が大きければ大きいほど、喜びも大きい。
ほとんどの失敗は途中で諦めたからとあります。
「継続していることが、すごいこと」Jリーグタイムには楽しむ姿勢がある。だから継続できる。
スタッフには拍手と感謝です。
終了後の一枚です。

味の素スタジアム

FC東京と鳥栖の試合です。
13046人の観衆が金曜日の夜に駆けつけてくれました。
監督の古巣対決ということもあり、注目の 試合となりました。
東京はACLとの厳しい日程のなか健闘中です。
日本の代表として活躍してほしいと願います。
夜の低い気温の試合は運動量もあり、見応えがあります。
味の素スタジアムでの一枚です。

ロアッソ熊本

ロアッソ熊本のトレーニングを視察しました。
赤いクラブハウスと練習の一枚です。
選手、スタッフ、池谷社長とも話しができました。
選手の前向きな姿勢に刺激を受けます。
楽しみなJリーグ復帰戦が熊本の元気に貢献すると思います。
選手、チームの成長を伝えたいと思います。

オペラハウス

所用でシドニーを訪れました。
トンボ帰りの旅です。
オーストラリアはこれから秋本番となる季節です。
シドニーでは15度から25度ぐらいの気温で過ごしやすいと感じます。
写真はシドニー湾とオペラハウスの一枚です。
旅は頭と心をリフレッシュする有意義な時間を提供してくれます。
秋には、ワールドカップ最終予選で豪州との試合も控えています。

御殿場

JFL11節。アスルとFC大阪。
御殿場での試合です。
首位FC大阪はここまで素晴らしい安定感です。
上位対決に、多くのサポーターが駆けつけて、熱い応援で盛り上げてくれました。
富士山の裾野に広がる御殿場は、標高500メートルの高原でもあります。
爽やかな空気が漂っていました。
第一ステージもいよいよ終盤です。
引き続き、よろしくお願いいたします。
写真は試合の様子です。

J10節等々力競技場

川崎と仙台の一戦。
暫定首位奪回を目指すフロンターレがホームに仙台を迎えた試合です。
23812人の観客でたいへんな盛り上がりでした。
強風で集中力を高めるのが難しい環境のなかでのプレーとなりました。
等々力のスタジアムは様々な工夫があり、試合の他にも楽しみが多いいと感じます。
多くの仙台サポーターも駆けつけ、素晴らしい雰囲気です。
湧き上がるモチベーションが、スタイルや文化を作り出している等々力でした。

ACLグループH

埼玉スタジアムに伺いました。
浦和レッズと浦項スティーラーズ。
GS1位突破を目指す浦和がホームに32409人の観客を集めた。
AFCチャンピオンズリーグは、アジアの強豪クラブがワールドクラスの戦いを演じる舞台です。
昨シーズン優勝の広州に勝ち点4は立派です。
長い道のりですが、11月にアジアで最も権威あるトロフィーを掲げて、アジアを代表してFIFAクラブワールドカップへ出場することを期待します。

18PREMIER LEAGUE

NTT志木グランドに伺いました。
大宮アルディージャユースと流通経済大学柏高校との試合です。
アルディージャの大塚監督はユース代表時代に指導していた選手です。
95年カタールでのワールドユースです。
一方の流通経済大柏高校には、大学の後輩のコーチが複数います。
これからが楽しみな指導者に期待しています。
写真はNTT志木グランドでの一枚です。

NACK5スタジアム大宮

第9節 大宮vs鹿島。
上位につける両チームの注目の試合となりました。
チケットは完売で熱気に包まれた。
大宮公園の中の緑多いい環境は、サポーターには最高の雰囲気だと思います。
新幹線の駅から徒歩圏の立地は便利です。
サッカー専用スタジアムは、見やすさ、迫力、などサッカーの魅力を高めています。
大型連休らしい盛り上がりでした。
写真はアウェー鹿島のゴール裏です。