Category Archives: 今日の一枚

Jステップ

清水区にあります、Jステップで行われた、松本とアスルクラロのトレーニングマッチを視察しました。
アスルクラロはJ3昇格を目指して、いい準備、開幕ダッシュに向けて、全力で頑張っています。
やはり、静岡県内には多くのチームが合宿に訪れますので、トレーニングマッチには素晴らしい環境だと思います。
恵まれた、地元の環境を活かしています。
反町監督、田坂コーチにも挨拶ができました。
写真は試合の様子です。

アスパイア

カタールのトレーニングセンター、アスパイアを視察しました。
とにかく、質、量、機能など凄いレベルです。
1月には、バイエルン、パリSGなどがキャンプをしていました。
宿泊施設も敷地内にあります。
カタール代表は別に専用のものを使用していました。
写真はトレーニングピッチの一枚です。

イエメン料理

スークワキーフ内にある大衆レストランでイエメン料理をいただきました。
ボリュームもたっぷり、味も食べやすく、食が進みます。
予約はできず、空いたスペースに座ります。現地の人々にも人気のレストランです。
本場のアラブ、イエメン料理を満喫して、中継の疲れを癒しました。
楽しい経験となりました。

カタールSC

ドーハ市内のカタールスポーツクラブのトレーニングを視察しました。充実した施設に、コーチングスタッフもきめ細かく配置されています。7~14歳までが、同時にトレーニングできる天然芝のピッチがあります。
スペインのメニューなのか、7歳のミニゲームでも、配置があり、パスの距離、アングルが織り込まれている。刺激ある視察となりました。
写真は、カタールSCのコーチングスタッフの皆さんとの一枚です。

韓国-カタール

アルサッドスタジアムでの準決勝のもう一試合、韓国-カタールは、アディショナルタイムに2ゴールを奪って韓国が勝利。
地元カタールにも勝つチャンスは十分にありました。
やはり、アディショナルタイムに何ができるのかが、勝敗を分けました。
究極の人間力を学び、追求していきたいと思います。
写真は、試合終了時の一枚です。
日本代表に最高の成長の舞台が整えられた、そんな印象です。
決勝が楽しみです。

ラディソンホテル

カタール、ドーハのラディソンホテル。
95年U20ワールドユースの宿舎が写真のラディソンホテル。
旧の名称はラマダホテル。中田、松田、安永、森岡、奥、山田、山西、熊谷、大森、など素晴らしいメンバーが揃っていました。
初の世界への扉を自力で彼らがこじ開けた。
インドネシアでのアジア予選では、準決勝でイラクを破り、出場2枠をゲットしました。
現在よりはるかに、世界へのハードルは高かった。
また、そのドーハで楽しい時間を過ごしています。

イラン

準々決勝に勝利。
一番プレッシャーのかかるイラン戦に粘り強く戦い3-0としました。
コンディションの良さと安定している守備力で、見事に延長戦を戦い抜きました。
写真はレフウィヤ競技場です。
多くの日本人サポーターが声を枯らして応援してくれました。
チームがスターである。
そんな理想的なチームです。
リオまで、いよいよあと一勝です。

UAE-ベトナム

三浦監督、率いるベトナムが善戦した試合。
オリンピック、アジア最終予選に初めて進んだベトナムが、このグループトップを走るUAEな先制し、2ゴールを奪いもう少しで勝利というところまでいきました。
Jリーグ、横浜FCと水戸に入団する2人がゴールをあげ、ベトナムの成長ぶりが目立つ試合となりました。
写真はベトナムとUAEの試合前の一枚。

日本代表バス

サッカー男子、リオデジャネイロ五輪、アジア予選。
上位3位までがリオデジャネイロ五輪への出場権を手にする。
リオ行きのバスは順調に走り出し、現在、更に加速している状態です。
カタール、韓国、イラク、が力があり日本のライバルになりそう、ベスト4とトップ3はまったく違う意味を持つこの大会。この差は以外と厳しく大きいと思います。アトランタ五輪へは28年ぶりに出場。
リオでの6大会連続出場は東京五輪の7大会連続へとつながり28年連続出場となります。
日本人は自国にもっと誇りを持つべきだと思います。
写真は日本代表バスです。

メディア 静岡

オリンピック予選の試合会場は、ドーハ市内の4つのクラブの本拠地を使用して行わ
れています。
アルサッドには、現在あのシャビが在籍中で試合会場に応援に駆けつけています。
カタール代表にアルサッドの選手が4人います。
日本は順調な滑り出しで、リオを目指しています。
メディアも全力で応援体制を整えています。
写真は、ドーハでのメディア静岡出身の一枚です。