Category Archives: 今日の一枚

日本代表バス

サッカー男子、リオデジャネイロ五輪、アジア予選。
上位3位までがリオデジャネイロ五輪への出場権を手にする。
リオ行きのバスは順調に走り出し、現在、更に加速している状態です。
カタール、韓国、イラク、が力があり日本のライバルになりそう、ベスト4とトップ3はまったく違う意味を持つこの大会。この差は以外と厳しく大きいと思います。アトランタ五輪へは28年ぶりに出場。
リオでの6大会連続出場は東京五輪の7大会連続へとつながり28年連続出場となります。
日本人は自国にもっと誇りを持つべきだと思います。
写真は日本代表バスです。


メディア 静岡

オリンピック予選の試合会場は、ドーハ市内の4つのクラブの本拠地を使用して行わ
れています。
アルサッドには、現在あのシャビが在籍中で試合会場に応援に駆けつけています。
カタール代表にアルサッドの選手が4人います。
日本は順調な滑り出しで、リオを目指しています。
メディアも全力で応援体制を整えています。
写真は、ドーハでのメディア静岡出身の一枚です。

イラン・カタール

6大会ぶり3回目のオリンピック出場を目指す、地元カタールとイランの試合を視察しました。カタールは2022年のワールドカップの開催国でもあり若手の育成には力を入れている。
そして、多くの画期的なチャレンジを続けている。
自らの成長においてライバルの存在は無視できません。
ライバルを意識することで成長できる、チームの実力は理屈抜きにどれほど多く、修羅場をくぐってきたか、で示される。

カタール

紀元前4世紀頃からアラビア半島には、多くの人々が住んでいたとされています。
経済的には天然ガスと石油に多くを依存していますが、一人当たりGDPは日本を超える豊かな国でもあります。
2022年にワールドカップの開催も決まって、アラビア半島において、ドーハは今後の発展が最も楽しみな町といえるでしょう。
2022年を背負うだろうU23は、勝ち点3スタートで、まずは難しい初戦をものにしました。
写真はホテル近くでの散歩中に撮った一枚です。

U23リオ予選開幕

カタールドーハのレフウィアSCのスタジアムでの試合を視察しました。地元カタール対中国の試合は逆転でカタールが勝利する展開に、スタジアムは盛り上がりました。
カタールのスタジアム環境は年々、質が向上して進化している印象です。
特にピッチの芝の質はドーハの悲劇の時代とは比較になりません。
次の時代を背負っていく、U23の各国の戦力と選手をしっかりとチェックしていきます。
写真は試合前の一枚です。

アル アラビSC

カタールドーハです。
AFC U23 アジア選手権とリオオリンピック予選を兼ねた大会です。
6大会連続出場がかかる試合がドーハでセントラル方式という厳しい条件で開かれます。
写真は中継を担当する、コメンタリークルーのメンバーとの一枚です。
初戦の北朝鮮チームとの試合が行われる、アル アラビ スポーツクラブで撮影しました。
日本チームはサウジアラビア、北朝鮮、タイと同じBグループです。

小倉 隆史グランパス

新シーズンに向けての対談で名古屋に伺いました。
グランパスの新監督、小倉隆史さんとの取材は、懐かしい話から始まり、本当に充実した楽しい時間となりました。
所属事務所が同じということもあり、交流は常にありましたが、立場が変わり引き締まった小倉隆史監督の姿に希望を感じました。
グランパスの長期計画の成長と成功を応援していきます。
信用ではなく、信頼という言葉を掲げていた事が、印象的でした。

三島大社

故郷の参拝はずっと三島大社となっております。
神社から湧き出るいくつもの、湧水がいっそう境内に清々しい雰囲気を作り出しています。
本当に気持ちのいい所です。
三島には富士の湧水の恵みを活かした、鰻の名店も多いいですし、福太郎もいつも買って帰ります。
伊豆を訪れる機会には、立ち寄ってください。
写真は三島大社、本殿です。
サッカーの成長発展を祈願いたしました。

明治神宮

明治神宮を参拝しました。
例年に習い神棚にお祭りするお札などを購入しました。
100年の森で神聖な空気を満喫して新年のエネルギーをいただきました。
このコーナー、喜びの記憶を写真で繋ぐ、今日の一枚、今年も更に成長していきたいと思います。

同期会

毎年、恒例の沼津三中の新年会があり、出席しました。
中学の学区内にありますお店、杉菜が会場でした。
毎年、日時が一緒になっておりまして、スケジュールが組みやすいので助かります。
やはり、ストレスのない関係の仲間との時間は心のリフレッシュには最高です。
日帰り旅ですが、正月はこれがないと、正月ではない大切な行事です。
写真は杉菜の看板です。
アスルクラロの応援もしていただいています。