Category Archives: 今日の一枚

札幌ドーム

札幌ドームに伺いました。
コンサドーレとレノファ山口の試合中継です。
圧倒的に失点の少ない札幌とリーグトップの得点力がある山口と、興味深い対決となりました。
レノファは大韓航空の事故の影響を受け当日朝の移動となったようでコンディションはたいへんだったと思います。
試合は両チームの持ち味が存分に発揮され見応えある内容でした。
私の移動も、仙台まで行って札幌便に搭乗する事になりましたが、サポートスタッフのおかげで、無事に中継できました。
ハプニングもいい経験と思い出です。
写真は札幌ドームです。

S級コーチ養成講習会

2016年度のS級コーチ養成講習会が始まりました。
1年間、継続しての講習会はハードです。
実技、講義、指導実践、海外研修など充実した内容です。
ワールドカップの日本代表選手だった、中山、戸田、鈴木隆行君、ユース代表の時の廣山君、大学の後輩でモンテディオの高橋君、フロンターレの今野君、など繋がりのある方が多い。
講師陣もJリーグ監督経験のある松田さん、鈴木さん、影山さんなど素晴らしいスタッフが揃っています。
写真は講習会の様子です。
受講者の皆さんの1年後の成長が楽しみです。

富士宮浅間大社

静岡県サッカー協会の研修会で富士宮を訪れました。
富士宮文化会館での開催に200人の指導者の皆さんが集まりました。
予定時間の10分前に会があ始まるという指導者の皆さんの心構えに感心しました。
写真は文化会館の隣りに位置します、富士宮浅間大社の中にあります湧玉池です。
国の自然文化財です。
サッカーファミリーの皆さんの熱い心に触れる1日となりました。

ビックスワン

ビックスワン神話をとりもどす!
アルビレックス新潟と川崎フロンターレの試合に伺いました。
ガンバ、レッズとスコアレスドローで守備に安定感が出てきた、アルビレックスが強敵フロンターレを迎えました。
試合はアルビレックスの守備が機能して川崎を苦しめる展開となりました。
写真はビックスワンです。

代々木公園

代々木公園、散歩です。
散歩にはいい季節となりました。
意識的に休息の時間を仕事のスケジュールと一緒に組み立てています。
肉体的な疲労、精神的な疲労、神経的な疲労、この3つのタイプに分けて考えます。
人は疲れるものと割り切ることも大切です。
疲れをうまくコントロールできる技術を身につけたいものです。
散歩で心身のストレス解消に努めています。
写真は代々木公園での一枚です。

ロアッソ熊本

再出発に気持ちあるプレーで答えたロアッソの試合。
俺たちが熊本を引っ張ていくという覚悟が伝わった熱いゲームでした。
勝ちたいと思う強い魂は郷土の皆さんにしっかりと伝わったと思います。
しばらく熊本でのホーム開催はできない。
代替え地でホーム開催する試合にチケットを購入して駆けつけることが直接の支援になります。
アウェーの皆さん。
近隣のサッカーファミリーの底力で満員にしてみせましょう!
郷土の誇り、ロアッソ熊本が復興のシンボルとなるよう応援します。
写真はロアッソ熊本のサポーターです。

Jリーグタイム 12 節

第一ステージの優勝争いも佳境を迎えます。
試練の時でもあります。
しかし、試練はつらいものではありません。
つらいのは途中であって、試練の先にあるのは、大きな達成感や充実感です。
試練こそが大きな喜びになります。
試練が大きければ大きいほど、喜びも大きい。
ほとんどの失敗は途中で諦めたからとあります。
「継続していることが、すごいこと」Jリーグタイムには楽しむ姿勢がある。だから継続できる。
スタッフには拍手と感謝です。
終了後の一枚です。

味の素スタジアム

FC東京と鳥栖の試合です。
13046人の観衆が金曜日の夜に駆けつけてくれました。
監督の古巣対決ということもあり、注目の 試合となりました。
東京はACLとの厳しい日程のなか健闘中です。
日本の代表として活躍してほしいと願います。
夜の低い気温の試合は運動量もあり、見応えがあります。
味の素スタジアムでの一枚です。

ロアッソ熊本

ロアッソ熊本のトレーニングを視察しました。
赤いクラブハウスと練習の一枚です。
選手、スタッフ、池谷社長とも話しができました。
選手の前向きな姿勢に刺激を受けます。
楽しみなJリーグ復帰戦が熊本の元気に貢献すると思います。
選手、チームの成長を伝えたいと思います。

オペラハウス

所用でシドニーを訪れました。
トンボ帰りの旅です。
オーストラリアはこれから秋本番となる季節です。
シドニーでは15度から25度ぐらいの気温で過ごしやすいと感じます。
写真はシドニー湾とオペラハウスの一枚です。
旅は頭と心をリフレッシュする有意義な時間を提供してくれます。
秋には、ワールドカップ最終予選で豪州との試合も控えています。